太りにくい体質になる効果がある食べる順番ダイエット

太りにくい体質になる効果がある食べる順番ダイエット

太りにくい体質になる効果がある食べる順番ダイエット

食べる順番を変えるだけで太りにくい体質になる効果がある食べる順番ダイエットって知ってますか?

 

この食事方法は、食事メニューの食べ物の順番を変えることによって、太りにくい体質にする食べ方です。方法は非常に簡単です。短期間で成果はでませんが、この食事方法を習慣づけることで、太りにくい体質になる効果だけでなく健康的になる利点があります。

 

この方法は、日常の食事をそのまま継続してOKなところが良い所です。これといって食べなくてはならない食べ物の条件なんかないですが、注意することは食事の時下記の1~4の順番通りに食べることです。

 

 

1 味噌汁やスープなどの汁物は汁のみ飲む

一番最初に、水分が多い味噌汁などといった汁物からたべます。水分はおなかにたまりるので、食べたという満足感を感じる効果があります。ですが汁物の具材に糖質を含む食材(じゃがいもなど)があったら、最初に食べないで下さい。基本的に糖質が多い食材は最後に食べるようにしましょう。

 

 

2 食物繊維を食べる

食物繊維の食べ物を食べます。野菜やサラダなどを始めに食べることで、血糖値の上昇をコントロールして、脂肪の吸収をセーブすることができます。野菜はビタミンなどがたくさんありますから食事の時には必ず野菜は食べましょう。

 

3 タンパク質を食べる


タンパク質は肉や魚など主となる食べ物を食べます。肉や魚を食べない時は豆類を食べましょう。

 

4 炭水化物を食べる

最後に食べる食材は炭水化物、ご飯や麺類などです。炭水化物を最初に食べないことが、この食べる順番ダイエットの重要なキーポイントです。炭水化物を空腹状態で食べると、血糖値が上がってしまって、脂肪が付きやすくなってしまいます。

 

この順番を常に継続するだけで太りにくい体質になる効果が得られます。

 

ただ一つ大事なポイントは、食物繊維・タンパク質・炭水化物をバランス良く取り入れることです。

 

食物繊維

野菜に多く含まれている食物繊維を、最初にきちんと食べることが大切ですので、必ず野菜を食事メニューのに加えましょう。また外食時も、メニューに野菜を取り入れることが大切です。定食などの野菜を多く使ったメニューを選ぶようにしましょう。

 

タンパク質

筋肉を作るためにはタンパク質は非常に大切です。豆類なども高タンパクな食材ですから、肉や魚を食べない際には豆類は食べましょう。

 

炭水化物の前に食べたという満足感が得られるようにしましょう。

 

よく噛む

しっかり噛んで食べていると満腹になりやすく、食べる量をコントロールすることができます。
お腹が空いている時には、急いで食べないで、ゆっくり噛んで食べるようにしましょう。普段の食事のときよりも多く噛むように心がければ消化吸収もアップします。

トップへ戻る