太らない体づくりは排泄機能を高めること

太らない体づくりは排泄機能を高めること

太らない体づくりは排泄機能を高めること

太らない体づくりは排泄機能を高めることが大切です

体の中をそうじ

太らない体づくりで大事なことは、食べることより、まず出すことです。
つまり、体の中のそうじをすることです。
体内そうじで最も大事なのは、消化器のリセットです。小腸、肝臓、すい臓などの消化器は、栄養素を取り込むために動いています。朝・昼・晩の食事に加えて、間食が多ければ、消化器は休みなしに動き、大きな負担がかかります。
体を痛めないためにも、間食はやめる・食事の間隔を十分あけるなどのことを意識しなければいけません。食事の間隔は6時間くらいが理想的です。
消化器のリセットは、体に若さを取り戻して太らない体をつくるための体内環境の整備になります。
それに合わせて、排泄の機能も高めることが必要です。
排泄は後回しにされることが多いのですが、排便や排尿、発汗、呼気(吐く息)は、どれも老廃物・有害物を取り除く体内そうじの手段です。
正しく出す方法を知れば、太らない体をつくることができ、また健康維持に役立ちます。

 

体内から有害金属を一杯排除する

私たちの体には、大気汚染や喫煙、そして加工食品などより、知らず知らずのうちに有害金属がたまっています。
水銀、鉛、ヒ素、カドミウムなどがあります。
これらは活性酸素の大量発生の原因となり酸化を進行させ、色々な不具合や病をもたらします。体がやせづらくなるのも、その一つです。
でも有害金属は、ほとんどが便と一緒に排泄されます。
だから、

  • みそ
  • 納豆
  • 漬け物などの発酵食品や
  • 食物繊維を

いっぱいとること、ファスティング(断食)を行なって、排泄機能をアップさせ、便秘の予防・改善に努めることが大切です。
有害金属は、汗をかくことでも排出されます。歩くなどの有酸素運動や筋トレが効果的です。

入浴やサウナで汗をだしてもOKですが、高い温度のサウナでなく、低温サウナとか岩盤浴が良いでしょう。ゆったりしっかり温めて、体の奥から発汗させます。ただ水分を十分に補給して、長い時間入らないようにしましょう。入浴も同じく、ぬるめのお湯にゆったり入って、汗を流しましょう。
このようにして体の中からきれいになると、太らない体になれるんです。

 

体の錆に対抗する食べ物 毒素を排出

  発酵食品・・・みそ、納豆、漬物、ヨーグルトなど
  食物繊維・・・野菜、穀類(玄米)、いも、きのこ、海藻など

 

抗酸化物質を含む野菜

  ニンニク、タマネギ、ニラ、ラッキョウ、ネギなど

抗酸化物質を含む肉類

  鶏肉、豚肉など(脂身を除く)

抗酸化物質を含む魚介類

  カキ、ウナギ、イワシ、ホタテなど

 

毎食、上記のような食事を摂るのはなかなか大変ですので、摂れない人はコンブチャのようなダイエット食品から摂ると良いでしょう。コンブチャの中でもコンブチャクレンズは排出系にも効果があるので試せる人は試してみてください。
コンブチャクレンズで腸内環境を整えて代謝アップ

トップへ戻る