夜11時位までに寝ると太りにくい体質になる

夜11時位までに寝ると太りにくい体質になる

夜11時までに寝る習慣をつけましょう

大人の老化防止には睡眠はとっても大事です。「寝る子は育つ」という言葉がありますが、大人にも言えることなんですよ。
子どもの成長を促進する成長ホルモンは、思春期をピークに歳をとるにつれて分泌量は低くなりますが、大人でも分泌されています。この成長ホルモンが分泌されるのが、おもに睡眠中なんです。
一般的に、夜10時から午前2時までの間をしっかりと眠っていれば、分泌がさかんになります。
せめて夜11時には、眠りにつきたいですね。
成長ホルモンには、日中の間に紫外線を浴びて傷ついた皮膚や、運動などで傷ついた筋肉を回復したり、疲労のもとを取り除いたり、免疫力を高めたりと、眠っている間に体をメンテナンスする働きがあります。また、疲れて弱った体の回復を促進させます。
40歳を堺にして太りだすことが、症状の一つになっています。それは、老化が始まっているというサインなんです。

40~50代の中高年が成長ホルモンの分泌が悪くなると、さまざまな悪い症状が現れます

  • 太りだす
  • 疲労が溜まる
  • 食欲がなくなる
  • 皮膚が荒れる
  • かぜをひきやすくなる
  • 筋肉痛が続く
  • 食べ物の好みが変わる

思い当たる症状があるんではないでしょうか。ぐっすり眠ることで40代からでも若い体を保つことができます。

トップへ戻る